インハウス弁護士 存在感 10年で10倍、IT企業が積極採用 新事業、法的リスク見極め

インハウス弁護士 存在感 10年で10倍、IT企業が積極採用 新事業、法的リスク見極め
2017年9月25日 legalnote
In ニュース

企業が弁護士を社員や役員などとして抱える「インハウス(企業内)弁護士」が急増しています。コーポレートガバナンス(企業統治)の意識の高まりを受けたばかりでなく、IT(情報技術)企業などでは新規事業を立ち上げる際にも重要な役割を演じる半面、人材供給が追い付かないなど課題も多いということです。

参照:日経新聞

Comments (0)

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*