アディーレ法律事務所が「てるみくらぶ」内定取り消し者を受け入れる方針

アディーレ法律事務所が「てるみくらぶ」内定取り消し者を受け入れる方針
2017年4月2日 legalnote

最近話題の旅行会社「てるみくらぶ」の破産手続きの開始が決定し、同社に内定が取り消された問題で、弁護士法人アディーレ法律事務所は3月29日に、取り消しを受けた学生から応募があれば、採用選考なしで全て採用する方針を明らかにしています。

 業務内容は、法律事務所の事務職として、債務整理など弁護士をサポートする業務に当たるようです。応募及び採用期限は4月2日15時。待遇面は、初任給は推定で月額21万円、原則賞与年2回(2016年から参照)。

 一見慈善活動してる印象ですが、こういった採用方法は逆に人材のマッチングを見極めない、人材を大切にしてない印象をまた受けます。若い人材を使い捨てて、会社の一時的な人材補填のために利用するとは、かなりあざといというか、採用する人材の将来や今後のことを考えていない判断ではないでしょうか?大きな企業では有りえない方策です。

筆者としては、焦らずに、じっくりと自身にあった企業を探して、アディーレに入所せずに就職活動を続けるべきだと考えています。

参照:dot